いつもご覧いただきありがとうございます。

 

この記事は、

東京都心で雪が降るかもしれない、

そんな極寒の日の早朝にお書きしいています{{ (>_<) }}

 

 

私は祖父を亡くした際、

大変辛い思いをしました。

 

 

遠方だったので

お見舞いにも見に行けず、

 

 

死に目には立ち会えない、

言葉も掛けてあげられない。

 

 

そんな状態で最期を迎えました。

 

 

 

初めは心の整理ができなかったですね。

 

 

でも、

仏教の無常の教えを思い出したり、

葬儀などの供養を通じて、

 

 

祖父との別れが

少しずつ受け入れられるようになりました。

 

 

お線香をあげたり、

果物やお菓子を供えたりするのも

 

自分からすすんでできるようになります。

 

 

仏教は、

 

 

ふだんは気にならなくても、

本当に困った時に見えてくるもの。

 

 

心が暗くなったときにぼんやり見えてくる

灯りのような存在。

 

実体験を通じて現代の仏教とは何かが分かった気がします。

 

 

 

おーっと、もうこんな時間💦

 

今日はこれから都内でご法事です。

 

 

それでは、

よい一日をお過ごし下さい。