お一人で亡き方のご法事をお考えでしょうか。

 

身寄りがいない方、

親戚との付き合いのない方、

 

頼れるご親族のいない方、

 

コロナの感染が心配な方など。

 

お寺の檀家に入っておられる方はご住職様へご相談ください。相談にのって頂けると思います。

 

 

ご供養という意味では、出席者様がたとえお一人でも供養の心は仏さまへ届きますのでご安心ください。

 

 

一般的に仏事は家単位で行いますが、

年は個人の世界で生きている方も少なくないので、お一人での法事を希望される方もおられます。

 

 

実家から離れて暮らしていて、故郷の大切な方をご自分で供養したくてもできなかったり、

 

あるいは人には言えないような悲しみがあり、1人でそっと弔いたい方などです。

 

一人暮らしで、子供たちは独立して忙しいので、お子様やお孫様に迷惑をかけずに行いたいという方もおられます。

 

 

ですから1人の法事が初めての方もご心配いりません。

 

 

また通常の法事では、周囲へ配慮するあまり気持ちを奥にしまい込んでしまうということもあると思います。

 

そういう方にとってお一人での法事は亡き人に向き合い、心から偲ぶよい機会なるかもしれません。

 

それができれば心が少し軽くなるでしょうか。

 

 

ご事情によってはお1人で法事を行われてもいいと思います。

 

ご都合の良い日に予定してみられてはいかがでしょう。