法事・法要は亡き人の冥福を祈り供養をする仏教儀式です。

 

身内や親戚などが集まり、仏前で僧侶にお経を拝んでもらいます。

その後、参加者一同で会食をして、故人の思い出話や近況などを報告しあいます。

 

法事と法要はほとんど同じ意味ですが、一般的には、

仏前でのお経勤めと僧侶からのお話(法話)の部分は「法要」、

その後の食事を含めた全体を言うときは「法事」と言います。

 

法事は没後の49日間を中陰供養(ちゅういんくよう)と言い、7日ごとに7回法要を行います。

最後の7回目の四十九日法要で故人が仏となられ成仏されます。

 

ただし上記のように毎週親族が集まるのも大変なため、近年は葬儀の際に初七日法要をあわせて行い(繰り上げ初七日)、

2~6回目の法要は省略し、実際の法事は49日法要から行われることが一般的となっています。

 

その後は年忌法要といい、

ご逝去から一年後の一周忌(いっしゅうき)、

その一年後に三回忌(さんかいき)と続きます。

以降は七回忌、十三、十七、二十三、二十七、三十三回忌。

一般的に三十三回忌を弔い上げといって年回供養の終わりとしますが、

三十七回忌、五十回忌を行うこともあります。