いつもご覧いただきありがとうございます。

 

わが家もそうですが、

今は核家族のお宅がほとんどですね。

 

親と同居していないとある意味気楽でいいのですが、

反面、わがままを言えなかったり、

大事なことを受けつぐ機会がものすごく少なかったりします。

 

 

親からしてみても、

さみしい思いをしていたり、

本当に伝えたいことを伝えられないままでいたりするようです。

 

 

仏さまごとも一緒で、

ふだんはあまり気に掛けない方がほとんどですから、

 

大事なことが受け継がれることなく、

死に別れになってしまうというケースも少なくないようです。

 

 

 

そんな思いはしたくないし、

子どもにもさせたくない!

 

そう気付かれた杉並区のkさんは、

 

 

ご両親を亡くされた後、

お葬式から法事、盆供養など、

 

毎回毎回、

ご身内を全員招待して、

しっかりと行われます。

 

 

法事ともなれば、小さいお子さんは欠席されるお宅も多いのですが、

 

必ず皆さん集まられます。

 

 

7回忌法要のとき、

 

 

いつも皆さんおそろいですね(^_^)

 

 

とご主人にお声をお掛けしたところ、

 

こんなことをおっしゃっていました。

 

 

 

「こういうことは子どもや孫に経験させておきたくてね。

 

でないと自分が逝ってしまったときに、粗末に扱われても困るからさ(^^;;

 

何ごとも経験だよね~」

 

 

仏さまごとは一生のうちに

そう何度もあるものではありませんが、

 

機会をつくらなければ、

 

みんな分からないままですもんね~。

 

 

 

そんなkさんは来年、古希だそうです。

 

「時が経つのが年々速くなっているよー(^^;;」

 

となげかれながらも、

 

皆さんで集まられたご法事のひとときを、

しみじみと味わっておられるお姿が印象的でした。