お墓の前で行う法事をお墓経、墓前法要などと言います。

同じお墓でも寺院墓地や霊園で事情が異なります。

それぞれ墓地の取り決めをご確認下さい。

 

下記は公営霊園で行う場合を想定しています。

 

メリット・デメリット

お墓で法事を行うメリットは、遺骨を前にして行える、墓参りも兼ねられる、式場費が掛からない、自家用車で移動できる、などです。

 

屋外で開放的なので、四季おりおりの自然を感じられたり、広々としていてお子様なども喜ばれるかもしれません。

 

デメリットは天候に左右される、季節によって暑さ寒さが厳しい、式中は立たなければならない、同時刻に近くの墓で法事が行われることがある、などです。

 

持ち物

納骨の有無によって持参品も変わります。

位牌・写真(必ずではありません)、お花、供物、線香、ライター、掃除用具、数珠などを準備します。

 

掃除用具はタオル、ビニール袋、軍手、剪定ばさみ、ほうき、ちりとり、ゴミ袋などがあると便利です。

 

 

お布施袋に現金を入れて名前などを記入しておきます。

 

季節によっては、飲み物、日傘、虫除けスプレー、防寒具、雨具などを用意します。

 

霊園によっては荷物置きがあると便利なのでレジャーシートを持参すると重宝します。(置き引きにはご用心下さい)

 

ライターは風よけの付いたライター、またはターボライターなどがあれば便利です。

 

お墓掃除

自宅に客を招かないので自宅の掃除は必要ありませんが、お墓の掃除が必須となります。

法要の前日、または当日早めに出掛けるなどしてお墓掃除をします。

 

お墓掃除に必要な道具を一式持参します。

 

墓石を拭いたり、敷地内の雑草や落ち葉などを取り除いたりします。

 

お墓掃除後にお花を飾ります。お水をひしゃくで花筒へ注ぎ入れます。

水受けにもお水を入れておきます。

 

写真や位牌を置きます。(持参しない場合もあります)

 

供物があればその手前に供えます。供物は墓石の空きスペースに乗せられる程度の少量を用意します。

 

お供えものは小皿かお盆などに乗せて置いてもいいと思います。

半紙を半分に折ってその上に乗せる場合もあります。

 

 

霊園によっては焼香台を用意してもらえます。

雨や日光よけのためパラソルを立ててもらえる場合もあります。いずれも石材店に依頼する有料サービスです。費用は数千円程度の場合が多いです。

 

高齢の方やお足の悪い方が出席されるなら、椅子の用意も依頼してみます。

 

石材店で用意ができなければ、簡易的な椅子を持参するといいでしょう。

 

雨天決行

雨天でも法事を行うのが一般的です。傘をさすなどして行います。

中止または延期とするのは台風や大雪などの場合です。参列者が現地へ迎えないからです。

遠方から来られる方もある場合は、早めの判断が必要となります。

施主やその家族で相談し決定します。お寺さんに相談されてもいいと思います。

 

当日の流れ

開式の15~30分前を目安に集まります。

現地集合なのか、お墓の場所が分かりにくければ、管理事務所や石材店などで待ち合わせるのかを決めておきます。

 

線香に火を付ける

束の線香は火がつきにくいため、帯をほどいてバラバラにすると火が付けやすくなります。

 

地面で紙などを燃やして線香に点火をする方もおられますが、周囲に可燃物がないか注意が必要です。

その場合、点火後は燃えている紙などに水をかけるなどして消化をしっかりと行います。

 

霊園によっては風よけの着火台が備わっているところもあります。

 

線香を付けるタイミングは僧侶が到着してから直接伺うようにします。

施主が代表で線香をまとめて供える場合と、参加者に線香を数本ずつ配りそれぞれに供えてもらう場合があります。

合わせて僧侶に確認します。

 

法要

定刻より開式となります。

読経中は静かに過ごします。僧侶の案内により焼香などを行います。施主から順番に故人とお近い方より順に行います。

 

法要後に僧侶のお話を聴きます。

一同で合唱礼拝し閉式です。

 

お寺さんにお布施を渡しお礼の言葉を伝えます。

 

閉式後は会食の案内を施主が行います。参列者に同席してもらうようお願いします。

 

 

後片付けを行います。お飾りした供物などを下げます。

 

会食の会場へ移動します。

移動手段は事前に考えておきます。

スムーズに移動できるよう考慮しておきましょう。