いつもご覧いただきありがとうございます。

 

 

遺影写真は不思議ですよね。

 

見るときによって表情が変わって見えることありませんか?

 

私はよくあります。

 

 

これは遺影に故人の魂が入っていることで起こります。

 

 

専門用語では憑依(ひょうい)ともいいますが、

故人の魂がそのものに入り込んで、物体から仏体へと変化している現象です。

 

 

人や動物などにもとり憑くことはあるようですが、

やっぱり一番居心地がいいのは遺影写真なのでしょう。

 

 

お供えものをたくさんしていると、ほっぺがふっくらしてきたり、

にこにこしていれば、故人もおだやかな顔になったり。

 

 

反対に、悲しんで涙しているときは、故人の顔も悲しそうになったり、

 

それでも時間が経って家族が元気になれば、安心して表情が明るくなったり。

 

仏さまはいつも私たちの心とつながっているのです。

 

 

よく故人は天国から見守ってくれている、と言いますが、

 

実際はすぐそばにおられるのではないでしょうか。

 

やはり日々のご供養は欠かせません。