お仏壇の中にある立て札(位牌)などに、故人の本名とは違う、漢字で構成された文字が書かれているのをご覧になられたことはありませんか?

あの漢字だけの文字を、「戒名」(かいみょう)と言います。

日本では古くから死後に名前が戒名へ変わる風習があり、それは現代でも続いています。

そんな戒名についてご紹介いたします。

 

俗名について

生前の名前を俗名(ぞくみょう)と言います。俗名は戒名(かいみょう)の反対語として使われます。

 

「俗」は俗世間のことですから、

俗名とは「世間で使用している名前」という意味があります。

 

俗世間といわれても、普通に生活している方からしてみれば何のこと?と思われるかもしれませんが、

会社や学校など日本で普通に生活している世間一般のことです。

 

多くの方は自分が生まれた時に親から命名された戸籍上の名前を使用していると思いますので、

その名前が俗名ということになります。

 

俗世間から離れた世界

世の中には俗世間から離れた世界があります。お寺の世界です。

 

お寺の世界は世間とは価値観が異なります。

 

修行僧となることを出家(しゅっけ)といいますが、

出家をするとそれまで築いてきた俗世間での地位や名誉などはすべて捨てて入門することになります。

 

会社の社長だからといって偉いわけでもなく、大金を積んだからといって優遇されるわけでもありません。

みな一修行者です。

 

名前についても、それまで俗世間で使用していた名前、俗名をそのまま使うわけではなく、

僧として新しい名前を師から授かることになります。

それがいわゆる戒名(かいみょう)です。

 

戒名とは

戒名の「戒」は戒律の戒ですから、「いましめ」です。

これから修行していくにあたり、目指すは悟りの境地。

そこへ到達するには厳しい修行生活を送らなければなりません。

 

長期間自分の欲望をおさえての修行生活は想像以上に過酷です。

気持ちがゆるんでしまうことも時にはあるかもしれません。

そのようなことがないように、師匠から自身を戒めるための名前として戒名を頂きます。

 

戒名は2文字

本来の戒名は漢字二文字です。多くは経典や仏教の教えから付けられます。

 

たとえば、禅僧の良寛(りょうかん)さん。江戸時代の曹洞宗僧侶です。

元々は在家出身で本名は山本栄蔵ですが、出家し「良寛」と言う名前を師匠からいただかれました。

子供たちに親しまれた良寛さんは書家、詩人としても有名ですね。

 

戦国武将の上杉謙信は出家して謙信という名をもらいました。

武田信玄も同様です。

 

時の戦国武将も仏門に入ることで心身を整え武将としてさらに磨きをかけたのです。

 

生前戒名

現代でも生前のお元気なうちに戒名をいただくことはできます。

それを生前戒名(せいぜんかいみょう)と言います。

 

上記のように出家してもらうのが本来ではありますが、お仕事や家族との生活などを考えるとあまり現実的ではないと思います。

 

ですので生前戒名は、多くは出家することなく戒名だけをいただくことができるのが特徴です。

 

元気なうちに戒名を頂くことで気持ちが引き締まり、

仏教徒としての自覚を持って生活ができるようになるので、よりよい人生が送れるようになると思います。

 

また、生前戒名は終活の意味でも今注目されています。

自分が死ぬ前に戒名を知っておきたい、

予めもらっておけばもしもの時に安心、

など、死後の準備の意味から生前戒名を希望する方がふえているのです。

 

ご興味がございましたら縁のある菩提寺などにご相談ください。

 

死後の名前

とはいえ一般の仏教徒の方はそのような機会はほとんどなく命の営みを終えてしまうのが現状です。

その場合、戒名は葬儀の際に授かることになります。

 

死後の世界、故人の魂が苦しまないように、

仏の弟子として安らかになられるようにという願いを込めてお寺から授けられるものです。

 

戒名は死後の名前と一般に定着したため、戒名に使う文字は本来の戒めとしての文字に加えて、

生前の職業や功績、人柄などといった本人を象徴するような文字を組み合わせることが多くなってきています。

 

戒名のランク

現代の戒名は戒名の2文字に加え、道号や位号などを組み合わせ、

合計6文字や9文字などとなっているのが一般的です。

 

文字数や位号によってにお寺へ納めるお布施額が異なるため一般にランクともいわれます。

 

お寺への貢献度や、信仰心、社会的な地位などによって決めらることが多いです。

 

俗名だと供養にならない?

戒名を授かるには、現実問題としてお布施(お金)が絡んできます。

家族へ負担をかけたくないなどの理由から俗名での供養を希望される方もいらっしゃるでしょう。

 

現に私が葬儀の導師をさせて頂いたお宅でも費用がかかるなら、じゃあ戒名はいらないよ、

俗名でいいです。

というご判断をされたご家族様もおられます。

 

宗教は救われるためにあります。

俗名供養を受けていただけるお寺やお坊さんもあります。

 

お寺との関係にもよるのでしょうが、俗名での供養を希望される場合は葬儀を施行されるお寺へ確認してみられるといいと思います。

 

葬儀後でも戒名をいただけますか?

葬儀後に戒名をいただくこともできます。

 

俗名でいいから、という生前の故人の遺志を分かっていても、

お布施が必要と分かっていても、

 

家族としては、葬儀後にやっぱり戒名をもらおうかしら、というお気持ちになられる場合もあると思います。

 

戒名は仏さまとして、生きている方からいつまでも大切にされる永遠の名前です。

その価値はお金には代えられません。

 

大切な人のためなら、なおさらでしょう。

 

他の先祖には戒名がついているのに、一人だけ俗名のままでは違和感があって、かわいそうで、そろえてあげたかった。

気持ちにけじめをつけたくなった。

年配の方に、戒名がないなんて、ちょっとどうなの?という風に見られた。

 

など、葬儀後にやっぱり戒名をもらいたいと思われる方は、たくさんいらっしゃいます。

 

戒名をもらう方法

家の宗派と、戒名の種類を確認します。

戒名には位号というランクのようなものがあり、

種類がいくつか分かれていて、

それによって、お布施額が変わります。

事前に仏壇の位牌や墓標などを確認して、どんな戒名が先祖に付けられているのか、家の宗派は何宗なのか調べておきましょう。

 

寺院紹介

お寺の檀家さんは、菩提寺のご住職さんに相談しましょう。

ちなみに、菩提寺以外のお寺から戒名を授かると、納骨できなくなるケースもありますのでご注意ください。

 

親しいお寺がなければ、

葬儀社、霊園、僧侶派遣会社などで、

戒名をもらえるお寺をご紹介いただけると思います。

 

戒名をもらった後にすること

故人の戒名をもらわれたら、具体的に何をすればよいのでしょう。

 

おもに、以下のことが考えられます。

①位牌の作成
②墓誌(墓石)に戒名を掘る
③過去帳に記入

 

①位牌(いはい)は、故人の魂の宿るよりしろとして、お仏壇に安置します。
仏具店に注文をします。金額は安価なものから、漆塗りの高級品までさまざまです。

 

②は墓地内に遺骨が納められている霊位として、墓石やその脇などに彫刻します。石材店にお願いします。

 

③過去帳(かこちょう)は、必ずではありませんが、お仏壇に必要で、仏具店などで販売をしています。その家のご先祖さまを月命日ごとに記録します。

 

 

戒名を授かる注意点

最後に、戒名をいただくときの注意点をお伝えします。

  

  • 故人の人柄などを事前に書きおこし、戒名を付けて頂くお坊さんにしっかりと伝えること
  • 宗派やご先祖さまの戒名を確認し、なるべく同じ種類の戒名をいただくこと
  • 戒名料を事前に確認して、戒名料が法外な金額でないか、相場なども調べたうえで、納得がいけばもらうこと

 

戒名は何度も付け替えたりするものではありません。

後になって間違いに気付き、戒名を付け直す・・・ということのないように、きちんと後先のことを考えたうえで戒名をもらいましょう。