お亡くなりになった方へ唱えるお経。そこには仏様の教えが説かれています。

亡き人の悔しさや、悲しみ、不安などを除き、安らかになられるための教えです。

 

お坊さんに読経してもらうことでお釈迦様のお心が故人へ届き、お釈迦様と同じように仏となってゆかれるのです。

 

また、故人のためにお坊さんに拝んでもらう法要を追善供養(ついぜんくよう)といいます。

家族が故人になりかわって善行を積み、それによって得られた功徳をあの世へと振り向けるものです。

 

追善供養は大切な方との縁をたしかめ、より安らかな世界へと故人をお送りする大切な儀といえます。

変わり続けるこの世にあって尊いご縁をいただきました。

大切なのは悲しみではなく感謝です。

 

法要中、一緒に過ごした日々を思い手を合わせて祈るご家族のすがたをご覧になっておられます。

心から念ずればきっと故人に思いが届くはずです。

 

その心を受けて故人は仏様の心をいただかれ成仏されるのです。