いつもご覧いただきありがとうございます。

 

昨日は満月でしたね。

見ましたか~?

 

 

帰り道、街がとっても明るくてびっくりしましたよ。

 

 

さてさて、

 

今回は命日のお話しです。

 

 

故人が亡くなられた日を命日(めいにち)と言いますよね。

 

たとえば、3月27日に亡くなられた方は、3月27日が命日です。

 

 

実はこの、命日。

 

 

きちんと憶えるのは、

案外むずかしいのです。。!!

 

 

ちゃんと憶えたつもりでも、

年月が経つと、

 

 

あれ?

お父さんの命日は何日だっけ?

 

 

というふうになりやすいのです。

 

 

数字は何かに関連付けたりしないと忘れてしまいがちですから

 

 

 

ですので、大切な方のためにも、

 

しっかりおぼえてあげましょう。

 

 

命日は2種類ある

命日には二種類あることをご存知でしょうか。

 

年に一度の「何月何日」は、

祥月命日(しょうつきめいにち)。

 

毎月やってくる「何日」の部分だけをいうときは、

「月命日」(つきめいにち)です。

 

 

年に1度の祥月命日は法事を行う際などに基準となる日です。

 

月に一度の月命日は、墓参りや仏壇へのお参りを合わせて行うこともあります。

 

西暦や元号も大事

それと、見落としがちなのが、

 

「何年に亡くなられたのか」

 

 

元号や西暦ですね。

 

 

昭和○年や平成○年、

令和○年、

20××年などです。

 

 

亡くなられてから数年後、親戚などに

「お父さんは何年に亡くなられたっけ?」

などと質問されることがあります。

 

 

そんなとき、

 

「えーっと、あれ何年だったかな?ちょっと待ってね、うーんと、確かあれは・・・」

 

などと答えるのは、何だか恥ずかしいではありませんか。

 

 

何年の何月何日にお亡くなりになられたのか、

位牌などに命日は書いてあります。

 

 

うろ覚えという方はもう一度、確認してみましょう。