いつもご覧いただきありがとうございます。

 

 

年齢とともに、

足腰がおとろえてくるのは仕方ないのでしょうか。

 

私は、

腰、首、手首、ひざなど、 

結構痛くなります。、

 

 

母もそうだったので、

もしかしたら

遺伝でしょうか。

 

 

近所の整形外科では

リハビリが充実していて、

 

痛くなる度に

こりなどをほぐしてもらいに行きます。

 

 

リハビリはいつも患者さんでいっぱい。

 

みなさんそれぞれ、痛みがあるのですよね。

 

 

健康で何の痛みもなく暮らせることって、

 

 

当たり前じゃないんだな。。

 

 

と、いつも感じます。

 

 

人知れず痛みに耐えて生活している人もたくさんいるのでしょう。

 

 

法事の場で、正座がむずかしいという方も多いです。

 

ひざの痛み、

座骨神経痛、

下肢のしびれ、など。

 

 

もちろん、

安座でお楽になさってください!(^^)!

 

とお伝えします。

 

 

ご自宅での法事では

足の痛みを回避するため

仏間に椅子を並べて

お椅子で法事を行われる方も増えました。

 

 

 

それに、病気だっていつやってくるか分かりません。

 

心配ですよね

 

 

でも、職業柄さまざまな方とお会いしますが、

 

 

重たい病気を克服して

長生きしている人もたくさんです。

 

 

「母の容態が悪く2、3日中には危ないかもしれません…」

 

 

ご連絡をいただくこともありますが、

 

その後、病状が回復されてお元気になられるケースもよくあります。

 

 

 

持病と向き合い、

前向きに生きて行きたいな。

 

 

そんなことを教わっている今日この頃です。