故人のご遺骨をお墓などへ納める際の法要です。

多くは法事やお墓の開眼に合わせて行われます。

納骨に立ち合うことで安心させるご親族も多いため、ご家族やご親戚がお集まりになられるのが一般的です。

東京地域では四十九日法要に合わせて行われますが49日にしなければいけないという決まりがあるわけではありませんので、49日以前に納骨されても構いません。

 

所有するお墓がない方は一周忌や三回忌などをめどに新たな墓地等を求めて、法事とお墓開きに合わせて納骨を行われることが多いです。

ご事情から遺骨を自宅で管理される場合はご霊前へのお参りをしっかりと行い、供物等をなるべく絶やさないよう心掛けるようにします。

 

納骨の準備

納骨の作業

石材店へ納骨の立ち合いを依頼します。お墓のカロートの蓋は重く素人が開け閉めするのは危険です。それに礼服では作業もしづらいはずです。納骨の作業を石屋さんに行ってもらえば安心です。費用は2~3万円が一般的です。霊園によっては指定石材店が決められている場合もありますので詳しくは各墓地管理事務所までお問い合わせください。 

 

墓石への彫刻

石材店に依頼します。故人様の氏名、没年月日、戒名、年齢などを予め知らせます。日数は2週間程度、費用は5万円前後が多いようです。石材店によって異なりますから詳細は石材店へ直接お問い合わせください。

 

埋葬許可証

埋葬許可証は納骨時に必要な書類です。霊園であれば管理事務所などお墓を管理している場所へ提出します。予め管理事務所へ納骨日時を伝え、法要当日などに事務手続きを行う場合が多いです。埋葬許可証は骨壺の箱の中に入っている場合が多いのでご確認ください。事務手続きに必要なものや納骨の流れなどを予め確認しておきましょう。

 

納骨供養のご予約

納骨の法要を承ります。納骨供養は法事やお墓開きなどと合わせて行うこともできます。あらかじめご予約いただいた日時に僧侶が墓前へうかがい納骨に立ち合います。納骨後に法要となります。お時間は30分前後いただき読経供養を行います。読経中にご焼香いただきます。焼香台がない場合はお線香を施主様から順番にお手向けいただきます。お布施は4.5万円(平日2.5万円)です。お膳料、お車代は不要です。ご対応地域は東京23区を中心としています。

 

持参品
  • ご遺骨
  • 遺影写真
  • 位牌
  • 供花
  • お線香
  • ライター
  • 供物(果物やお菓子など)
  • 埋葬許可証
  • 数珠 

その他適宜ご持参のうえご納骨ください。