ペットを亡くされた悲しみは計り知れないと思います。

最愛のペットの魂が天国に無事に行かれますよう、

葬儀の読経はもちろん、その後の49日忌や一周忌、お彼岸法要など動物供養いたします。

ずっと一緒にいたたくさんの思い出を胸に、感謝の祈りをささげましょう。

 

ペット供養

  • お葬式の読経(家族葬、自宅葬など)
  • 法事 (49日、一周忌、三回忌などの法要)
  • お彼岸法要
  • 新盆供養
  • 月命日経
  • 仏壇・墓地 開眼法要 など

 

ペットの成仏について

ペットの心は純朴で、仏さまに近い性質を生まれた時から持ち合わせています。私たちがきちんと供養をすれば、仏さまのお導きによってたちまち成仏をされることでしょう。

そのためには、正しい方法で供養を行うことが大切です。

法要の種類は、私たち人間が亡くなったときに行われる法要と一緒で、 お葬式に始まり、初七日法要から四十九日法要、一周忌、三回忌とご法事が続きます。

これは亡き霊位が安らかに成仏できるよう、身内が集い、お坊さんを中心に読経供養を行う「追善供養」(ついぜんくよう)といわれる仏教儀式です。

 

私たちがペットの霊を成仏させるためには、この「追善供養」をまごころによって勤めることが大切です。

ペットに対して、きちんとしたお葬式をしてあげられなかった方は、ご法事からでも大丈夫ですからお試しください。

法要では私たち人間と同じように読経による供養を行い、最後にペットのお名前を読み込み、ご回向(えこう)させていただきます。

※回向(えこう・・・仏さまへ供養の心を届けること)

 

このような方からよくお問合せを頂いています

  • ペットのお葬式をされたい方
  • ペットの命日やお彼岸などに法要をされたい方
  • ペットを家族の一員として人間と同じように仏事を行いたい方
  • ペットの魂を供養したい方 など

 

法要だけのお付き合い

法要にお伺いする僧侶とは、ご依頼いただいた法要の時だけのお付き合いです。

お坊さんからお寺の檀家になるよう勧められることはございません。また、次回の法要の強要や寄付金などの請求も一切ありませんので、どなた様も安心してご利用ください。

 

※現在、事情により土日祝などの休日はご対応が難しく、平日のみとさせて頂いております。何卒ご了承下さいませ。

 

お布施について

お布施は金額を定めておりません。施主様のお気持ちでお願いしております。

ご無理のない範囲で結構ですのでお布施袋にお包み頂き、法要後にお坊さんへお渡し下さい。そのお気持ちをそのままにお受け取りいたします。

 

ご対応エリア

東京23区を中心に、東京都全域埼玉県千葉県・神奈川県にご対応いたします。

ご要望によっては他県へも出張させていただきますが、上記以外の地域では恐縮ですが交通費を頂戴しております。詳しくはお問合せください。

 

 

愛犬・愛猫・・・

 

愛犬 トイプードル チワワ ダックスフンド ミニチュアダックスフンド ポメラニアン ヨークシャーテリア 柴犬 マルチーズ ハーフなど
愛猫 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア ロシアンブルー アビシニアン ミックス など
ミニ動物 うさぎ フェレット ハムスター チンチラ リス など
小鳥 インコ オウム 文鳥 ニワトリ など

 

ご準備いただくもの

位牌・遺骨・写真

もしお写真やご遺骨やお位牌、手元供養品がございましたらお飾りください。

供物

供物は食べ物や飲み物、ペットフードやお水などをそれぞれお皿などに入れてお写真の手前に供えください。

ペットフードに限らず生前にペットがお好きでいらした物であれば何でも結構です。

お菓子やジュース、それにお気に入りのおもちゃやぬいぐるみ等を脇にお供えされてもいいと思います。

 

 お花

お花を供える場合は和花、洋花どちらでも構いません。お好みでお飾りください。お供えする場所はお写真にむかって左側です。

花瓶が2つなら左右にお供えします。

華美である必要はありませんから、ささやかでも生き生きとしたお花をお飾り頂くといいと思います。

 

 

例:仏壇(祭壇)まわり

中央(奥)=お写真、位牌、ご遺骨
中央手前 =お水、食べ物(ペットフード、好物など)、線香立て、リンなど
向かって左=お花、果物
向かって右=燭台(ろうそく)、お菓子
その他  =おもちゃ、ぬいぐるみなど思い出の品

(上記は一例です。準備品は法要の種別によって異なる場合があります)

 

仏壇などをお持ちでない方

ペットのお写真1枚

小さいテーブルなどをご用意いただき、その上にペットのお写真を一枚お飾りください。小さめのもので大丈夫です。そちらを礼拝スペースとして使用しますので、リビングや居間などお坊さんを通しやすいお部屋をお選びください。

 

◆ペットフードとお水

お写真の手前にお供え物をします。ペットフードやお水などをお皿やコップに入れてお写真の手前にお供えください。ペットフードに限らず生前にペットがお好きでいらした物であれば何でも結構です。 お菓子やジュース、それにお気に入りのおもちゃやぬいぐるみ等を脇にお供えいただいても良いでしょう。

 

◆お花

もし可能でしたらお花を飾ります。和花、洋花どちらでも構いません。お好みでお飾りください。お花は華美である必要はありませんから、ささやかでも生き生きとしたお花を飾ります。

 

その他、思い出の品や遺品などありましたらお飾りください。

ご準備いただくものは以上です。それ以外に必要な仏具などはすべて当日お持ちいたします。

 

ご予約の流れ

1、ご予約時間と内容の確認

まずはご希望される日時をお決めください。(平日のご対応となります)

スケジュール次第ではご希望の日時に沿えない場合もありますので、候補日を2,3お決めいただいき、お坊さんの予定と合わせて日取りを決定していただければ幸いに存じます。

 

2、電話で予約をする

お電話にてご予約下さい。
お申込み者様のお名前と連絡先ご希望の日時法要内容、訪問先の住所などをお聞きいたします。必要に応じてお待ち合わせ場所もうかがいます。

 

3、当日 待ち合わせ・訪問

お坊さんはご予約日時の15分前までにお伺いします。
ごあいさつ後、ペットのお名前や法要内容などを確認します。もし気になる点などございましたら遠慮なくお申し付けください。

 

4、読経・法話

準備などをすませたうえで、定刻の開式となります。

※法要中は足を崩していただいてかまいません。

正しい姿勢をとることは大切ですが、ご無理のない姿勢でお勤め下さい。

お読みするお経は般若心経(はんにゃしんぎょう)などです。 お経は漢字だらけで難しく感じますが、漢字の横に大きめの振り仮名がありますから、初めての方でもご覧いただけると思います。

読経中に焼香などをしていただきます。 閉式後にお坊さんから法話(お話し)をさせていただき法要終了です。

 

5、お布施のお渡し

終了後にお布施のお渡しとなります。お布施袋などに総額をお入れいただきお坊さんへ直接お渡し下さい。

以上で法要終了となります。

 

犬の十戒

① 私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。私と暮らし始める前に、どうか別れのことを考えておいてください。

 

② あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。

 

③ 私を信頼して欲しい、それが私の幸せだから。

 

④ 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。

 

⑤ 私にちゃんと話しかけてください。あなたの話している言葉の意味はわからなくても、話しかけてくれるあなたの声はよくわかるのです。

 

⑥ あなたが私にどんなふうにしてくれたか、私はそれを絶対に忘れません。

 

⑦ 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。

 

⑧ 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

 

⑨ 私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。

 

⑩ 最後のその時まで一緒にいて欲しい。「かわいそうで見ていられない」なんて言わないで。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

 

 

あなたとペットに通い合う愛情は、時に家族以上かもしれません。

幸せとは何かを教えてくれた尊い生命に、はりさけそうな胸をかかえながら、気持ちを正して、追善供養を営んでいただければと思います。

 

お問い合わせ

電話番号 03-6746-5710

平日 9:00~20:00

法要などで不在の場合は、申し訳ございませんがしばらくしてからおかけ直し下さい。初めての方もお気軽にどうぞ。