ペットを亡くされた悲しみは計り知れないと思います。

以前ご縁をいただいたご家族で、愛犬との別れに悲嘆する姿を目の当たりにし、つよく心を動かされたのが、ペット供養をはじめたきっかけです。

ペット火葬の専門業者ではありませんから、お経による供養や法話ほどしか為せませんが、 お寺とご縁のないご家族さまの元へ仏さまの心をお届けできますよう、誠心による供養を心がけてまいります。

あなたさまのお役に立てましたら幸いです。

 

ペットの成仏について

ペットの心は純朴で、仏さまに近い性質を生まれた時から持ち合わせています。私たちがきちんと供養をすれば、仏さまのお導きによってたちまち成仏をされることでしょう。

そのためには、正しい方法で供養を行うことが大切です。

当サイトのペット供養は、私たち人間が亡くなったときに行われる法要と同じように行います。

仏式の法要がはじめての方には馴染みのないことかもしれませんが、もし親戚さまのお葬式やご法事に出席されたことがありましたら、その時の光景を思い浮かべていただければ分かりやすいでしょうか。


これは亡き霊位が安らかに成仏できるよう、身内が集い、お坊さんを中心に読経供養を行う「追善供養」(ついぜんくよう)といわれる仏教儀式です。

私たちがペットの霊を成仏させるためには、この「追善供養」をまごころによって勤めることが大切です。

ペットに対して、きちんとした供養をしてあげられず後悔されている方は、法要からでも大丈夫ですからお試しください。

私たち人間と同じように読経による供養を行い、最後にペットのお名前を読み込み、ご回向(えこう)させていただきます。

※回向(えこう・・・仏さまへ供養の心を届けること)

 

『お坊さん訪問ペット供養』について

法要だけのお付き合い

法要にお伺いする僧侶とは、ご依頼いただいた法要の時だけのお付き合いです。

お坊さんから檀家になるよう勧められることはございません。また、次回の法要の強要や寄付金などの請求も一切ありませんので、どなた様も安心してご利用いただけます。

お布施は一律『3万円』

ペット供養のお布施は一律「3万円」を目安にいただいております。葬儀、法事、納骨式など供養の種類を問いません。全ての法要に適用されます。

お布施というのは本来、金額に定めはなく、施主様の“お気持ち”でお包みいただくものですが、お包みされる金額のことで施主様が悩まれたり、 お布施の金額の件でトラブルに発展してしまうケースも少なからずあるようです。

当サイトではご依頼主様に、より安心してご利用していただきたいと思い、目安額を設定しております。

一般的に法要のお布施の相場は3~7万円といわれますから、それを参考に低めの設定をさせていただいた次第です。

なお、お坊さんの訪問地域は東京を中心としています。 詳細に付きましてはお問い合わせください。

 

愛犬 トイプードル チワワ ダックスフンド ミニチュアダックスフンド ポメラニアン ヨークシャーテリア 柴犬 マルチーズ ハーフなど
愛猫 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア ロシアンブルー アビシニアン ミックス など
ミニ動物 うさぎ フェレット ハムスター チンチラ リス など
小鳥 インコ オウム 文鳥 ニワトリ など

 

~犬の十戒~

  1. 私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。私と暮らし始める前に、どうか別れのことを考えておいてください。
  2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。
  3. 私を信頼して欲しい、それが私の幸せだから。
  4. 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。
  5. 私にちゃんと話しかけてください。あなたの話している言葉の意味はわからなくても、話しかけてくれるあなたの声はよくわかるのです。
  6. あなたが私にどんなふうにしてくれたか、私はそれを絶対に忘れません。
  7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。
  8. 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。
  9. 私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。
  10. 最後のその時まで一緒にいて欲しい。「かわいそうで見ていられない」なんて言わないで。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

 

 


ペットと通い合う愛情は、時に家族以上かもしれません。

幸せとは何かを教えてくれた尊い生命に、感謝のお気持ちを込めてペット供養を営んでいただければと思います。