後悔の念に苦しめられる経験はどなたもお有りだと思います。

そのような時は反省をして心を正しく整えることが大切です。

 

ご自身の過去の悪業を悔い改める行を「懺悔」といい、

仏教では「ざんげ」ではなく「さんげ」とお読みします。

 

「懺悔文」はご自身の行いを反省し、清らかな心を得る気持ちで唱えます。

 

 

一、ご本尊様の御前にて端坐合掌します。肩の力を抜き、呼吸をととのえます。

 

一、懺悔文をお唱えいたします。低声でゆっくりとお読み下さい。

 

 

我昔造諸悪業、

がしゃくしょぞうしょあくごー、

 

皆由無始貪瞋、

かいゆうむしとんじんちー、


従身口意之所生、

じゅうしんくいししょしょー、


一切我今皆懺悔。

いっさいがこんんかいさんげー。

 

 

一、合掌を解きます。

 

以上で懺悔文のお唱えは終了です。

 

後悔の念は簡単に消えてなくなるものではありませんが、

まずは自分の過ちをみとめ、反省し心を入れ替えていくことが大切です。

後悔によって心が苦しくなった際など、この懺悔文を唱えるようにいたしましょう。