いつもご覧頂きありがとうございます。

今朝の東京地方は雲の切れ間から青空が覗いて、暑くもなく寒くもなく、すがすがしいお天気です。

 

一日葬

今日は葬儀が一件入っています。一日葬(いちにちそう)というプランです。

 

近年の葬儀は大きく分けて「通夜葬儀」「一日葬」「直葬」の3種類に分かれていますが、最もご依頼の多いのがこの一日葬です。

 

一日葬は負担が少ない

一日葬は通夜式を行いません。儀式としてはその名の通り葬式の日、一日だけで終了します。

そのため色々な意味で葬家の負担が少なく済むことが多いようです。

 

だからと言って簡略的過ぎるかと言えばそうではなくて、お別れはしっかりと行うことが出来ます。

 

僧侶による葬儀の宗教儀礼、棺の中へのお花入れ、御出棺からご火葬など、

お集まりになった皆さまで故人とのお別れのひとときをお過ごし頂けます。

 

一日葬は丁度良い大きさで現代のニーズにマッチしているので、ご家族からこれからも選ばれ続けるのではないでしょうか。

 

 

葬儀の傾向

東京という土地柄、地方出身の方がお亡くなりになる場合が多いのですが、

コロナ禍ということもあり、地方のご親戚などは参列を見送られるケースがほとんどです。

 

東京近郊にお住まいのご親族だけが出席されて、5~15名の家族葬が中心のように思います。

 

もちろん、故人のご年齢や交友関係の広さなどにもよりますので規模は色々です。

お葬式にご友人、ご近所の方、仕事関係の方などが参列される場合もあります。

 

コロナ対策

葬儀式場が密にならないように座席の間隔を空ける、扉を開けて換気するなど、葬儀社の方も工夫されています。

 

私は不織布マスクを着けて読経しています。

読経中に発声や呼吸がしづらくて苦しくなる時があったり、

また、参列者の方からしてもマスクで声がこもっていてお聞きづらい点はあるかと思いますが、

クラスター防止等の観点から始めから最後までマスクを外さないようにしています。

 

 

読経時間はコロナ前と変わらず

読経時間は短縮することはなく、

一日葬では、葬儀、初七日法要、法話を含めて40~45分のお勤めを行っています。

これはコロナ以前と同じ長さです。

 

もちろんご要望によっては読経時間を短縮することも出来ますが、基本的に葬儀では上記のお時間を頂いています。

 

今できる精一杯を

葬儀というのは人生を締めくくる、一度きりの大事な儀式です。

コロナ禍ではありますが、今出来る精一杯をされることで後悔のないお葬式が出来ると思います。

 

それでは良い一日をお過ごし下さい。

 

 

葬儀の帰り道:東武川越駅にて