コロナ禍で人が集まるのは危険と言われます。

それでもご家族や親しい方だけの少人数であれば法事を行うことは可能ではないでしょうか。

 

遠方にお住まいの方やご高齢の親戚様などにはご遠慮いただき、

同居するご家族のみ、または近くにお住まいの近親者様だけにお声がけしてご予定されてはいかがでしょう。

 

ご高齢の方や持病をお持ちの方はリスクが高いと言われますので、今回はご遠慮いただいくなど配慮して頂き、

無理のない形でご予定下さればと思います。

 

小さな法事・法要の読経時間は約15分です。

また僧侶は訪問時の手指アルコール消毒を行い、マスクを着用して読経いたします。

 

少人数、短時間で行う小さな法事・法要

土日祝 45.000

平日  25.000

 

①法要内容の決定

まずは法要の種別と会場を決めます。

法要種別は下記の通りです。

  • 法事(四十九日 一周忌 三回忌 七回忌 など)
  • 納骨式
  • 墓地、仏壇、位牌など開眼法要
  • お盆 お彼岸の法要
  • 水子様、亡きお子様の供養
  • 墓じまい、仏壇の魂抜き など

会場はご自宅、墓前など、どちらでご予定頂いても大丈夫です。こちらからご指定の住所へ出張いたします。

 

②日時の決定

次にご希望の法要日時をお決めください。

年回法要の場合、故人様のご命日かそれよりも前に行うことが一般的です。(スケジュール次第ではご希望の日時に沿えないこともありますので予めご了承ください。)

 

③電話をして予約する

お電話にてご予約下さい。
お聞きすることは、

  • お申込み者様のお名前
  • 連絡先
  • ご希望の日時
  • 法要内容
  • 霊園、お墓の所在地
  • お待ち合わせ場所

などです。

 

④法要当日 待ち合わせ

ご予約日時より少し前に訪問いたします。ご挨拶ののち、故人様のお名前、戒名(かいみょう)や法要内容などを確認いたします。もし気になる点などございましたら遠慮なくお申し付けください。

⑤法要

供物などの準備をすませ、定刻の開式となります。

法要の最中にお線香などをお供えいただきます

 

法要後に法話があり、法要の閉式です。

 

⑥お布施のお渡し→終了

法要終了後にお布施のお渡しとなります。ご用意されたお布施をお坊さんへお渡し下さい。

以上で終了となります。

 

ご準備いただくもの

ご準備いただくものは、お供え物やお花、お線香などです。
お供え物は、お菓子やくだもの、故人様がお好きでいらしたものをお供えください。

 

服装について

当日の服装は喪服(礼服)が基本ですが、落ち着いた衣服であれば平服や普段着などでも大丈夫です。

ご自身のお数珠をお持ちでしたご持参ください。

その他ご不明な点はお問い合わせ下さい。