直葬のお坊さん派遣

直葬の僧侶派遣を承ります。東京地域の火葬場へ出張し心を込めて読経いたします。

※宗派は問いませんが曹洞宗による読経となります

 

直葬(ちょくそう)とは

直葬とは火葬場の炉前で行う略式のお葬式のことで、一般に火葬式(かそうしき)ともよばれます。

特徴はお通夜式やお葬式を行わない簡略的なところにあります。

過去にいただいたご依頼で多いのは、「お葬式は行わないけれど、せめてお経だけでもあげてもらえないだろうか」というご相談です。もちろん引き受けさせていただいております。

戒名授与にあたり故人様のご性格やお人柄などを伺います。どうぞご連絡下さい。

戒名について

信士、信女が一般的な戒名となります。

院号や居士・大姉号など、一般に位の高いと言われる位号をご希望の方は別途お問合せください。

戒名は故人様の性格、ご趣味などを参考に作成し授与いたします。

火葬当日、戒名をお書きした紙牌をお持ちしますので、白木位牌にこちらでお貼りし49日までの仮位牌としてご供養いたします。

■俗名での葬儀について

ご要望によっては俗名(戒名なし)でのご対応も可能です。お申し込みの際にお声がけ下さい。

 

火葬場にて

火葬場でお待ち合わせとなります。

先に「お花入れ」などをされる場合は僧侶も立ち会わせて頂きます。その際のお別れの仕方や副葬品などについては、葬儀社様とお打合せ下さい。

その後、棺のおふたを閉じ、火葬式の読経となります。

お経の時間は火葬場によっても異なりますが、おおよそ5~10分。多くの方が利用される火葬場ですから、あまりお時間は長くとれません。

読経中、ご会葬の皆様にご焼香をしていただきます。火葬場での焼香は1回でお願いされるケースもありますが、慌てる必要はありませんから丁寧に心を込めてご焼香ください。

戒名授与のある場合、その場にてお授けいたします。

いよいよ本当に最後のお別れの時です。

火夫さん(かふ…火葬場の職員)がお棺を炉に納めたのち、重々しく扉が閉まります。心からの合掌でお見送りください。

火葬時間は火葬場によって異なりますが、都心部の斎場で1時間前後かかります。

なお、収骨までの立ち会いをご希望される場合はお申し込み時にご相談ください。

(火葬式の流れは斎場によって異なりますので、状況に応じたご対応をいたします)