德川家墓所

徳川家最後の将軍、徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)。

徳川慶喜公の墓所に参ります。

 

場所は東京都台東区の谷中霊園です。こちらの霊園は法事では何度も訪れたことがあるのですが、

墓地めぐりとしては初めてでした。

 

山手線 日暮里駅

天気は快晴ということもあり、JR日暮里駅から歩いて向かいます。

南口を出て徒歩約1分で谷中霊園に到着です。

 

かなり広い霊園ですので、歩くといいウォーキングになります。

 

徳川慶喜公墓所は谷中霊園の管理事務所の辺りから案内板が設置されています。

 

 

墓地の中の細い道を歩くこと約3分、ようやく墓所が見えてきました。

 

徳川慶喜公墓所

 

そして、到着です。

 

お待たせ致しました。

こちらが、徳川慶喜公墓所です。

 

鉄格子で囲われています。

施錠されているため中には入ることは出来ません。

 

柵の外からパシャリ。

こちらは正面からの画像。石碑に何か記されているようですが、確認は出来ませんでした。

 

神道式の墓が並んでいます。

下の写真では左から二番目の墓が徳川慶喜公の墓所です。あちらに慶喜公は眠っておいでです。

 

 

 

広々としとた墓所は周囲の木々と相まって幽寂な雰囲気が放たれています。

遠くで聞こえるカラスの鳴き声もそれを手助けしているようです。

 

徳川家の墓所は上野の寛永寺などにありますが、

慶喜氏は神道式での御埋葬を望まれたため谷中霊園へ眠ることになったそうです。

 

 

やはり徳川家最後の将軍です。

墓所を一目見ようと、同時刻に参拝されていた方も私の他に数人おられました。

 

帰り道、マスクのすき間から入り込むキンモクセイの薫りで、

秋の情緒を感じながらの谷中墓地めぐりとなりました。